マカフィー、「ePO」で一元管理が可能な不正侵入防止製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、「ePO」で一元管理が可能な不正侵入防止製品を提供


掲載日:2006/04/24


News

 マカフィー株式会社は、ホスト型不正侵入防止製品「McAfee Host Intrusion Prevention 6.0」を、5月15日より提供する。

 「McAfee Host Intrusion Prevention 6.0」は、シグネチャ/ビヘビアによる防御とシステムファイアウォールを組み合わせ、不正侵入を監視/阻止する製品。ウイルス対策/スパイウェア対策/スパム対策/検疫ネットワークを管理する同社のシステムセキュリティ管理コンソール「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」に統合されている。セキュリティコンテンツアップデートは、「McAfee ePO」から容易に配備でき、クライアントシステムの再起動は不要となっている。

 エージェントが1つのため、配備/設定/管理が容易で、修正プログラムの緊急対応の頻度が軽減される。また、Webサーバに対するHTTPリクエスト、DBサーバに対するSQLクエリおよびOS/カーネルに対する指令自体の正当性を検査し、SQLインジェクションやディレクトリトラバーサルなどの攻撃を防ぐ“Web Application IPS”機能を提供する。P to Pのアプリケーションなど、セキュリティポリシー上、組織内で利用を許可しないアプリケーションの利用を一元的に制限でき、新しいアプリケーションに対しても設定のみで利用を制限することができる。PCを社外に持ち出した際にも、その制限は有効となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014150


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ