NTT東日本、「不正操作制御ソリューション」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東日本、「不正操作制御ソリューション」を提供


掲載日:2006/04/21


News

 東日本電信電話株式会社は、アクセスが認められていないファイルの操作や禁止ソフトの利用など、社内規定で禁止した操作のあったPCの通信を社内ネットワークから切断する「不正操作制御ソリューション」を、5月8日より提供する。価格は、個別見積で、300クライアントの場合が900万円から(税込)となっている。

 「不正操作制御ソリューション」は、自然災害/コンピュータウイルス被害/情報漏洩などの事態に備え、事業の継続性を確保するためのサービスをコンサルティングからシステム構築まで提供する「BCPソリューション」の第3弾メニュー。社内ネットワーク上に設置したサーバで、社内ネットワークにつながる全PCの操作ログを収集し、社内規定で禁止した操作のあったPCの通信を即座にネットワークから遮断することができる。

 サーバ側で禁止ルールを一括管理し、禁止ルールに合致したPCの通信をVPNとPFW(Personal Fire Wall)で自動的に制御する。ルールに変更が生じた場合の設定はサーバ側で行なうため、ルール見直しへ迅速に対応することができる。また、同社が提供する「検疫ソリューション」/「フォレンジックサービス」などのセキュリティ関連メニューと組み合わせることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】 ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】
フォレンジック フォレンジック
社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。 全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014124


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ