デル、最大ディスク容量6TBのネットワークストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、最大ディスク容量6TBのネットワークストレージを発売


掲載日:2006/04/19


News

 デル株式会社は、ネットワークストレージで、ファイバーチャネルインターフェースを備えた「Dell|EMC AX150」と、iSCSIインターフェースを備えた「Dell|EMC AX150i」を、4月18日より順次発売する。最小構成価格は、112万1610円(税込)からとなっている。

 「AX150/AX150i」は、内蔵ディスクドライブのインターフェースにSATA IIを採用し、SATA II 500GBディスクを12基まで搭載できるネットワークストレージ。N+1冗長化電源の採用により、搭載可能な2つの電源のうち1つに障害が発生しても、ディスクプロセッサ(シングル/デュアル構成とも)やディスクユニットへ正常な電源供給が行なわれるため、サービスを継続することができる。

 グラフィックインターフェースが強化された“EMC Navisphere Express”により、容易に導入/管理することができる。接続パスの自動フェイルオーバー、スナップショット機能のソフトウェアが標準添付されている。「AX150」の最大サーバ接続数は10、「AX150i」のネットワーク接続ポートは4(デュアルプロセッサの場合)で、接続性が向上している。対応OSはWindows/Linuxとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格:112万1610円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SQL Server+フラッシュストレージはどこまで「買い」か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
「高密度SSD対応フラッシュストレージ」で得られるメリットを詳細解説 中堅・中小企業のIT予算でも、フラッシュストレージを使った業務アプリのDB高速化が現実的に。大手SI企業が「これならば」と納得して推薦する製品は他と何が違うか。 適切に管理し活用する「データレイク」とは? 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014093


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ