日立製作所、sx2000チップセット搭載のサーバ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立製作所、sx2000チップセット搭載のサーバ製品を出荷


掲載日:2006/04/19


News

 株式会社日立製作所は、Itanium 2プロセッサを搭載したサーバ「HA8500」シリーズで、最大メモリ容量が1024GBの「HA8500/860」と128GBの「HA8500/740」、64GBの「HA8500/630」に「sx2000」チップセットを搭載したモデルを、6月16日より順次出荷する。

 今回出荷される製品では、プロセッサバスやメモリバス、I/Oバスなどの帯域が強化され、システム性能が約30%向上している。迅速なメモリアクセスが可能なDDR-IIメモリや、迅速なI/Oアクセスを可能にするPCI-X2.0などを採用している。DC電源/システムクロックなどのシステムコンポーネントの2重化により、RAS機能が強化されている。メモリモジュール上のメモリチップ2個までの障害であれば障害が発生したメモリチップを切り離すことでシステムを継続稼働させる“Double chip-sparingテクノロジー”を採用している。

 「sx2000」チップセットは、現行のItanium 2プロセッサに加え、次世代のItanium 2プロセッサ「Montecito(開発コード名)」にも対応することができる。これにより、将来新たなプロセッサが提供された際には、サーバの設置場所でプロセッサを入れ替えることができ、システムの拡張に柔軟に対応することができる。なお今回出荷される製品の価格は、「HA8500/860」が4757万3100円から、「HA8500/740」が2237万1000円から、「HA8500/630」が1189万8000円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014092


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ