QNI、月額課金による擬似FMC型通話サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


QNI、月額課金による擬似FMC型通話サービスを提供


掲載日:2006/04/19


News

 株式会社クァンタムネットワークスは、さまざまな端末のアプリケーション上からのユーザーのプッシュ操作で利用できる、コンテンツ/アプリケーションの操作ごとに必要な通話環境を契約期間単位に提供する「ユビキタス・ヴォイス・コミュニケーションサービス」(UVCS)を、6月より提供する。

 「UVCS」は、PC/携帯のブラウザやQRコード、メールから電話をかけることができる仮想通話サービス。ユーザーはソフトウェアフォンやIP-PBXを導入せずに、既存のアプリケーションや携帯電話/固定電話環境を利用し、コンテンツやアプリケーションに応じたワンプッシュ操作による擬似FMC(Fixed Mobile Convergence)サービスを月額課金によるセンターサービスとして利用することができる。

 導入の際には、既存システムに対するチケット型APIを提供するため、情報システム担当者は発行されるAPIを既存アプリケーション/業務に付加することで、お互いの電話機に電話番号を残さないといった秘匿性に優れた音声通話サービスをエンドユーザーに対してアプリケーション融合型擬似FMCサービスとして提供可能となる。受信する電話番号を指定した相手からの着信が可能なほか、UVC電子チケット購入により専用電話回線を引かずに必要な同時通話数を確保することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】 Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。 既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014091


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ