アスキーソリューションズ、PC検疫システムを構築する製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アスキーソリューションズ、PC検疫システムを構築する製品を出荷


掲載日:2006/04/19


News

 株式会社アスキーソリューションズは、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズと共同開発したPC検疫装置「iBricks PC検疫装置」を、4月27日より出荷する。

 「iBricks PC検疫装置」は、LANのセグメントごとに設置することで、未承認のPCやセキュリティの不十分なPCの接続を拒否し、ネットワークに接続されたマシンや情報の安全を保護することができる。既存ネットワーク構成の変更は不要で、PCのウイルスチェックデータやWindowsアップデートをチェックし、最新のものでなければ接続を拒否することができる。さらに、治癒サーバを設置することで、最新アップデートした後に接続を開始することができる。

 設置/設定に専門知識は不要なほか、セグメントごとに段階的に導入でき、セグメント内で最大200台を管理することができる。また同社は、「iBricks PC検疫装置」から遮断機能を独立させ、未承認PCの接続拒否機能のみを提供するPC遮断装置「iBricks PC遮断装置」も、4月27日より出荷する。ハードウェア/管理台数などは「iBricks PC検疫装置」と同様となっている。


出荷日・発売日 2006年4月27日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

2017上半期脅威動向レポート:「Apache Struts」脆弱性攻撃などの被害状況は? 【日本アイ・ビー・エム】 システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント 【トレンドマイクロ】 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】 セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項 【日本ヒューレット・パッカード】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
2017上半期脅威動向レポート:「Apache Struts」脆弱性攻撃などの被害状況は? システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014088


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ