キヤノン、大判インクジェットプリンタのラインアップを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、大判インクジェットプリンタのラインアップを拡充


掲載日:2006/04/14


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF」シリーズの新製品として、60インチ用紙サイズ対応の「iPF9000」と、最大A0ノビ/A1ノビ/A2ノビサイズ対応の「iPF700/iPF600/iPF500」を、4月下旬より順次発売する。

 「iPF9000」は、顔料インク“LUCIA”を採用した12色顔料インクシステムに加え、高密度プリントヘッド技術“FINE”(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)による各色2560ノズル/合計3万720ノズルから吐出する最小4ピコリットルのインク滴により、2400×1200dpiの解像度を備えている。また、高速イメージプロセッサ“L-COA”も搭載している。光の3原色と同じレッド/グリーン/ブルーの特色インクと、濃淡2種類のグレーインクを加えたことで、色再現領域や発色、階調性に優れている。

 「iPF700/iPF600/iPF500」は、“FINE”と“L-COA”に加え、高耐候染料インク4色に顔料マットブラックを加えた5色の“新染・顔料リアクティブインク”を採用している。また、ブラックとカラーの境界で起こるにじみを低減する“リアクティブインクテクノロジー”と、黒文字と線画の印刷を明確化する“新文字・線画鮮鋭化処理”技術などの画像処理アルゴリズムを搭載している。ノズル数はマットブラックで5120ノズル、その他各色で2560ノズルの合計1万5360で、リアル1200dpiのヘッドを備え、A0サイズで1.2分の印刷が可能となっている。

 4機種とも、さまざまなサイズでのフチ無し印刷に対応しているほか、Word/Excel/Adobe Illustratorなどの複数アプリケーションソフトで作成したデータを取り込みレイアウト印刷できる“フリーレイアウト”機能を備えている。キヤノン製のスキャナ/複合機で読み取った原稿を拡大して出力する“拡大コピー”機能や、メールを利用したリモート通知機能なども備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014046


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ