H3、ソフトウェアビジネス専用の統合マーケット管理ソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


H3、ソフトウェアビジネス専用の統合マーケット管理ソフトを出荷


掲載日:2006/04/13


News

 H3パートナーズ有限会社は、日本のソフトウェアビジネス専用の統合マーケット管理ソフトウェア「C.E.O.−Customer Experience Organizer」(C.E.O.)を、5月より出荷する。

 「C.E.O.」は、企業内のサーバにインストールすることで、顧客情報/案件情報/製品情報/契約情報/サポート情報など、ソフトウェアビジネスに必要な情報をWebブラウザで一元管理できるソフト。日本で主流の代理店販売モデルをカバーしているほか、ソフトウェアレンタル方式のため容易に導入することができる。インポート/エクスポート機能やTag/Smart Tag機能を備えているほか、ロール管理/削除影響確認などの個人情報保護法対策用セキュリティモデルを備えている。システム管理機能として、ユーザ管理やログ管理、バックアップなどを行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「H3パートナーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」 【日本電気株式会社】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない やずや 導入事例:通販システムを少人数で効率的に――CRM導入の舞台裏に迫る デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014030


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ