日本ラリタンなど、ポート32個を備えたコンソール管理製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラリタンなど、ポート32個を備えたコンソール管理製品を発表


掲載日:2006/04/13


News

 日本ラリタン・コンピュータ株式会社と株式会社ルートレック・ネットワークスは、共同開発したコンソール管理製品「RouteMagic Controller TS RMC-TS3200」を、発表した。4月17日よりルートレック・ネットワークスから出荷され、価格は49万8000円(税込)となっている。

 「RMC-TS3200」は、トラブルを起こし通常手段での接続ができなくなったIT機器に遠隔地から接続し、問題究明と復旧を行なうためのコンソール管理製品。32個のシリアルポートと電話回線接続用のアナログモデムを内蔵している。コンソールログを1ポートあたり100KB記録でき、NFS(Network File System)サーバへ保存することができる。

 セキュリティ機能では、SSH(Secure SHell)v1/v2やRADIUS認証に対応しているほか、IPアドレスによるアクセス制限やログインユーザごとのシリアルポートアクセス制限も可能となっている。また、別途無償で提供している運用管理ツール「RMC Commander」に対応しており、「RMC-TS3200」と組み合わせて利用することでリモート管理を効率化することができる。


出荷日・発売日 2006年4月17日 出荷
価格 49万8000円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ハイブリッドクラウドの運用負荷軽減は、ネットワーク全体の可視化が鍵 【富士通株式会社】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 SaaSが遅くて使えない そんな時、まず疑うべきポイントとは 【ジュニパーネットワークス株式会社】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ハイブリッドクラウドの運用負荷軽減は、ネットワーク全体の可視化が鍵 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 SaaSが遅くて使えない そんな時、まず疑うべきポイントとは セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014022


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ