日本ラリタンなど、ポート32個を備えたコンソール管理製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラリタンなど、ポート32個を備えたコンソール管理製品を発表


掲載日:2006/04/13


News

 日本ラリタン・コンピュータ株式会社と株式会社ルートレック・ネットワークスは、共同開発したコンソール管理製品「RouteMagic Controller TS RMC-TS3200」を、発表した。4月17日よりルートレック・ネットワークスから出荷され、価格は49万8000円(税込)となっている。

 「RMC-TS3200」は、トラブルを起こし通常手段での接続ができなくなったIT機器に遠隔地から接続し、問題究明と復旧を行なうためのコンソール管理製品。32個のシリアルポートと電話回線接続用のアナログモデムを内蔵している。コンソールログを1ポートあたり100KB記録でき、NFS(Network File System)サーバへ保存することができる。

 セキュリティ機能では、SSH(Secure SHell)v1/v2やRADIUS認証に対応しているほか、IPアドレスによるアクセス制限やログインユーザごとのシリアルポートアクセス制限も可能となっている。また、別途無償で提供している運用管理ツール「RMC Commander」に対応しており、「RMC-TS3200」と組み合わせて利用することでリモート管理を効率化することができる。


出荷日・発売日 2006年4月17日 出荷
価格 49万8000円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは 【イクシアコミュニケーションズ株式会社】 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 【ジュニパーネットワークス株式会社】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】 帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ 【インテル】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014022


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ