SCS、Winny検出/通信遮断ツールを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、Winny検出/通信遮断ツールを無償提供


掲載日:2006/04/12


News

 住商情報システム株式会社は、同社のWebサイトで、米eEye Digital Securityが開発した日本語版Winny検出ツール「eEye Winny Scanner」と通信遮断ツール「eEye Winny Monitor」の無償提供を、開始した。

 「eEye Winny Scanner」は、リモートからWinnyが動作しているホストを検出するためのネットワークスキャナ。IPアドレス範囲を指定してスキャンをかけることで、組織内でWinnyが動作しているホストがあった場合、それらを列挙することができる。暗号化されたWinny2パケットを解読して初期鍵送信パケットを検出する、プロトコル検出に基づいたスキャンが可能で、ネットワークにかける負荷を抑えながらチェックを高速化することができる。スキャン対象ホストのアクセス権も不要となっている。

 「eEye Winny Monitor」は、ネットワーク内に流れる暗号化されたWinny2パケットをリアルタイムに解読し、初期鍵送信パケットを検出することができる。初期鍵送信パケットが検出されると、その接続元/接続先のIPアドレスを表示する。また、検出された初期鍵送信パケットによりWinnyノードを特定し、TCP接続をリセットすることができる。これにより、管理対象のネットワーク内に流れるWinnyトラフィックを強制的に遮断することができる。ミラーポートに接続することで導入することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は? IoT時代に欠かせない人材「セキュリティイノベーター」とは MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014019


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ