アラジンジャパン、「HASP HL」ソフトの新バージョンを配布

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アラジンジャパン、「HASP HL」ソフトの新バージョンを配布


掲載日:2006/04/11


News

 株式会社アラジンジャパンは、ハードウェアキーとサポートソフトウェアで構成されるソフトウェアプロテクションシステム「HASP HL」で、バージョンアップ版ソフトウェア「HASP HL CD V1.30」の配布を、開始した。

 「HASP HL」は、USBキーに内蔵した128ビットAES暗号チップを利用した暗号化でソフトウェアのラッピングを行ない、違法コピーや不正使用を防止する製品。今回のバージョンでは、Windows x64 Edition(XP/2003Server)とWindows XP Enbeddedプラットホームをサポートしたデバイスドライバが追加された。また、ネットワーク上のMacをライセンスサーバとして利用するための「HASP HL」デーモンでOS X 10.4(Tiger)をサポートした。これにより、WindowsマシンやMac、Linuxマシンが混在するネットワーク環境でも、TCP/IPプロトコルを使用して、ネットワーク上で稼働するソフトウェアのライセンス管理(同時使用ユーザ数や起動回数)を1つの「HASP HL Net」キーで行なうことができる。

 ソフトウェアをラッピングする“エンベロープツール”には、データファイルを暗号化する機能が追加されたほか、ラッピング対象にVisual Studio.NET環境で開発したアプリケーションが追加されている。ラッピングツールを使用せずAPIでソフトウェアのプロテクションをカスタマイズできるインターフェースライブラリに、x64アプリケーションのプロテクトをサポートしたライブラリ(C言語)も追加され、WindowsとLinux環境でx64フルスペックアプリケーションのプロテクトが可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo 【アセットメント】 PC&モバイルセキュリティ維持・管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014006


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ