デル、Windows Storage Server 2003 R2搭載のNAS製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、Windows Storage Server 2003 R2搭載のNAS製品を発売


掲載日:2006/04/07


News

 デル株式会社は、NAS製品のブランドをIAサーバ「PowerEdge」にブランド統合し、「Microsoft Windows Storage Server 2003 R2,Express x64/Workgroup x64 Edition」を搭載したBTO可能なタワー型フォームファクタNAS「PowerEdge 830 Storage Server」を、発売した。

 「PowerEdge 830 Storage Server」は、最大2TBのハードディスクと最大8GBのメモリを搭載できるNAS製品。ソフトウェアRAID(RAID 1/5)とハードウェアRAID(RAID 0/1/5)に対応したSATAハードディスクを4基まで搭載することができる。Windows Storage Server 2003 R2の採用により、遠隔地の支店/部署も含むリモート管理機能やレプリケーションでの運用が可能となっている。

 同社のサーバ管理ツール「OpenManage」とWindows Storage Server 2003 R2によるリモートも含めた包括的な管理に対応し、エンタープライズ環境で有効な管理性を備えている。出荷の時点でOSのプリインストールと基本設定が構成済みで、ネットワーク設定などを行なうことで運用を開始することができる。サーバ接続に必要なCAL(クライアントアクセスライセンス)が不要であるため、ユーザ数/PC数が増加しても運用管理面でのコスト増加を抑えることができる。


出荷日・発売日 2006年4月6日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? 【日商エレクトロニクス】 フラッシュ3PARシリーズはどれだけ役立つ? 7つの切り口で検証 【日商エレクトロニクス】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? 3PARシリーズを徹底検証! フラッシュストレージの基本性能〜障害耐性まで解明 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013982


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ