日立、ストレージシステムの安定稼働支援ソフトなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、ストレージシステムの安定稼働支援ソフトなどを出荷


掲載日:2006/04/05


News

 株式会社日立製作所は、同社のストレージ管理ソフトウェア「JP1/HiCommand」シリーズで、ストレージシステムの安定稼働を支援する「JP1/HiCommand Global Link Availability Manager」を、4月より出荷する。

 「JP1/HiCommand Global Link Availability Manager」は、複数のサーバからの全てのデータ入出力パスを集中的に稼働監視できるソフトウェア。ストレージレプリケーションを監視する「JP1/HiCommand Replication Monitor」において、同社のディスクアレイサブシステム「SANRISE」シリーズでのストレージ装置内/装置間で実施されるレプリケーションの構成や稼働状況を即座に把握できるグラフィカルな表示機能が提供される。

 また、ストレージの運用/管理コストを削減するためのサービス「Tiered Storage Assessment Service」と「ストレージ稼働状況レポーティングサービス」も、6月より出荷される。「Tiered Storage Assessment Service」では、現状のストレージシステムを調査/把握して既存ストレージの再利用も考慮し、「SANRISE」シリーズの仮想化技術を用いたストレージ統合管理により、データを利用価値に応じて配置するストレージシステム構成を提案する。「ストレージ稼働状況レポーティングサービス」では、ストレージ装置のキャッシュ/ポート/ディスクなどの稼働状況を調査し、最新情報や過去に収集した情報も含めて、毎月ユーザーへ報告を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013970


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ