アークン、「Winny」専用の対策ソフトを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アークン、「Winny」専用の対策ソフトを無償提供


掲載日:2006/04/05


News

 株式会社アークンは、ファイル交換ソフトWinnyの検知/処理に特化した「ScanIF Winny対応版」を、フリーウェアとして提供を開始した。

 「ScanIF Winny対応版」は、Winny専用の対策ソフト。Winnyアーカイブの.zipファイルと、圧縮ファイル解凍後の.exe/.dllを検知することができる。Windows環境で動作し、「ScanIF」がインストールされたPCに加え、そのPCと同一セグメント上にあるネットワークの共有フォルダをスキャンすることもできる。Winny初期バージョンからWinny v1.14、WinnyP v2.0β7.26までの約80種類に対応している。同製品は、同社のプログラムダウンロード公開サイトより無償で提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は? 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013960


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ