EMCジャパン、対応OSを拡張したバックアップソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、対応OSを拡張したバックアップソフトの新版を発売


掲載日:2006/04/04


News

 EMCジャパン株式会社は、バックアップ/リカバリソフトウェアの新版「EMC NetWorker 7.2.2」日本語版を、発売した。価格は、Windows版とLinux版が16万2000円から、UNIX版が59万1000円から(いずれも税込)となっている。

 「NetWorker」は、サーバ/クライアント/ストレージノードのアーキテクチャの採用により、拡張性に優れたデータ保護機能を提供する製品。1台のバックアップサーバで、異機種混在環境での数百台のサーバやワークステーションの保護が可能となっている。今回の新版では、日本語対応OSが従来からのSolarisとWindowsに加え、HP-UX/AIX/Linuxにも拡張された。また、Oracle/SQL/Exchange向けの「NetWorker Module」などの日本語対応も可能となっている。


出荷日・発売日 2006年4月3日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013954


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ