エントラストジャパン、認証強化プラットフォームの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エントラストジャパン、認証強化プラットフォームの新版を提供


掲載日:2006/04/04


News

 エントラストジャパン株式会社は、インターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォームの新版「Entrust IdentityGuard 8.0」の提供を、開始した。

 今回の新版では、ユーザー認証方式/相互認証方式の追加などが行なわれた。ユーザー認証方式は、ユーザー使用機器のIPアドレスやWebブラウザ情報などによる“機器認証”や、複数のワンタイムパスワードが記載されたリストをユーザー認証時の追加認証として使用できる“ワンタイム・パスワード・リスト認証”などが追加されている。相互認証方式では、イメージやメッセージのリプレイにより相互認証を実行する“イメージ/メッセージ相互認証”が提供される。エンドユーザーは、ユーザー名を入力した後パスワードを入れる前に、事前に登録したイメージやメッセージが表示されることで、アクセスしようとしているWebサイトが真正であることを確認することができる。

 ユーザーのグループ化やグループ毎のポリシー設定が可能なほか、アプリケーション毎に違うユーザー名を単一の「IdentityGuard」ユーザーにマッピングすることも可能となった。また、Red Hat Enterprise Linux AS 4.0のサポートが追加されたほか、Microsoft SQL Server 2000 がレポジトリに追加されている。なお価格は、サーバライセンスが1サーバあたり315万円、ユーザーライセンスが1000ユーザーで168万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 【アカマイ・テクノロジーズ】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 【アカマイ・テクノロジーズ】 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? 【シーディーネットワークス・ジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013946


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ