ゼッタテクノロジー、Skypeプレゼンス管理ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゼッタテクノロジー、Skypeプレゼンス管理ソリューションを発売


掲載日:2006/04/03


News

 ゼッタテクノロジー株式会社は、無料インターネット電話ソフト「Skype」とWebを融合させたプレゼンス管理ソリューション「オフィスデ for Skype エンタープライズ版」を、発売した。

 「オフィスデ for Skype」は、「Skype」をビジネス利用するための管理ツール。ポリシー設定機能により「Skype」でのファイル送受信を制御し、通話やチャットを特定の相手のみに限定するなどの運用管理が可能で、ファイル転送によるウイルス感染や情報漏洩を防ぐことができる。今回発売された「エンタープライズ版」では、部署やグループに分けた社員のSkype IDなどをプレゼンスとともにWebブラウザで一覧表示でき、ここから1クリックで通話やチャットを開始することができる。リアルタイムで他社員のプレゼンス状態を把握できるため、Skype利用のグループウェアに適している。Web上で多数のユーザーの中からコミュニケーション相手を検索することもできる。

 コンタクトリストの一元管理が可能で、管理者から登録されたクライアント一覧がWeb上に表示されるため、利用者側でのID登録作業は不要となっている。また、HTTPプロトコルを利用してポリシー制御を実施できるため、Webサーバーに接続できる環境下であれば遠隔地からもポリシー制御による管理が可能となっている。サーバー上で受発信履歴(通話ログ/チャットログ)を蓄積して管理することもできる。なお価格は、スターターキット(管理サーバー1ライセンス/管理コンソール1ライセンス/クライアント20ライセンス)が45万円などとなっている。


出荷日・発売日 2006年3月31日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 クラウド型グループウェア rakumo 【ソフトバンク コマース&サービス】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 クラウド環境で動作するオフィスツール群。「カレンダー」「コンタクト」「ワークフロー」「タイムレコーダー」「ボード(掲示板)」「ケイヒ」から必要なものを利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013935


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ