NTT-AT、微弱電波規格のアクティブ型RFIDタグなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、微弱電波規格のアクティブ型RFIDタグなどを発売


掲載日:2006/04/03


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、微弱電波規格のアクティブ型RFIDタグシステム「NIRE」タイプ2を、発売した。

 「NIRE」タイプ2は、同時読み取り数が毎秒40個、オープンスペースで約50m程度の通信が可能なアクティブ型RFIDタグシステム。タグの電池寿命は送信周期3秒で約3年、送信周期30秒で約7年と長くなっており、タグID送信周期は、3/6/9/15/30秒、1〜10分(1分単位)から選択することができる。リーダーを制御するシステムのOSに制限はなく、特殊なドライバも不要となっている。リーダーが受信する電波の強さを数値化し、外部インターフェースに出力する機能を備えているほか、オプション機能として、IPv6や、LANケーブルから電源供給が可能な“PoE”(Power over Ethernet)が用意されている。

 また同社は、NTT研究所がソフトウェア化した“アクティブ型RFIDを用いた位置推定アルゴリズム”を活用した「位置検出開発キット」も、発売した。同キットでは、タグが発信する電波のリーダーでの受信強度を用いてアクティブタグの位置を検知することができる。既知位置のリファレンスタグを設置し、電波伝搬環境を補正することで、平均2〜3mの精度で位置検知を行なうことができる。


出荷日・発売日 2006年4月3日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013933


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ