STC、セキュリティイベント管理アプライアンス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


STC、セキュリティイベント管理アプライアンス製品を発売


掲載日:2006/03/31


News

 株式会社システムズ・トラストは、セキュリティ深刻度の高い攻撃や未知/既知のウイルスなどを迅速に検出できるセキュリティイベント管理アプライアンス製品「High Tower Security Event Manager(SEM)3210」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「High Tower SEM 3210」は、1Uサイズのラックマウント型アプライアンスサーバー。ネットワーク上のさまざまな機器やアプリケーションからリアルタイムにログを収集し、秒間1万2000イベントに対応する相関分析エンジンで誤検知を取り除き、セキュリティ深刻度の高い攻撃や未知/既知のウイルスやワームなどを迅速に検出することができる。分析結果はデータベース化され、さまざまな角度から検索でき、機器の重要度を合わせて評定することで直感的なリスク管理やレポーティングが可能となっている。ログ収集用エージェントの導入などは不要で、導入コストを抑えることができる。


出荷日・発売日 2006年3月30日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013927


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ