PFU、「Winny」などに対応した検疫ネットワークシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PFU、「Winny」などに対応した検疫ネットワークシステムを発売


掲載日:2006/03/29


News

 株式会社PFUは、ファイル交換ソフト「Winny」などによる情報漏洩に対応した「PFU検疫ネットワークシステム」を、発売した。今回の対応では、同システムの検疫ソフトウエア「iNetSec Inspection Center V3.0」のオプション製品「iNetSec Inspection Center V3.0 禁止ソフト検査プラグイン」を、6月初旬より出荷する。

 「PFU検疫ネットワークシステム」は、私物PCを含むクライアントPCの総合的な情報漏洩対策を行なうためのシステム。PC接続認証機能により、業務利用を禁止されている私物PCの社内ネットワーク接続を防止できるほか、導入義務付けソフトの検査機能により、業務利用PCへの暗号化、データ持ち出し防止ソフトなどの導入を徹底することができる。

 今回出荷される「iNetSec Inspection Center V3.0 禁止ソフト検査プラグイン」は、「Winny」などの企業ポリシーに違反するソフトウエアの導入検知と管理者による状況把握を行なうことができる。禁止ソフトウエアが導入されたPCは、社内ネットワーク接続時に検疫(隔離/適正化)を行なうことができる。また、禁止ソフトウエアを複数定義し、ユーザー独自のポリシーを作成することができる。


出荷日・発売日 2006年6月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 “感染画面”から学ぶランサムウェアの“動き”と対策ソフトウェアの効果 【東京エレクトロン デバイス】 配信した画像が勝手に置き換えられる――Webセキュリティの意外な弱点 【アカマイ・テクノロジーズ】 70万以上のAPIにも対応、多言語混在環境に最適なソースコード脆弱性診断ツール 【SCSK】 時系列で追う 「インシデントレスポンス」の成否を分けた“あの判断” 【株式会社シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? “感染画面”から学ぶランサムウェアの“動き”と対策ソフトウェアの効果 配信した画像が勝手に置き換えられる――Webセキュリティの意外な弱点 70万以上のAPIにも対応、多言語混在環境に最適なソースコード脆弱性診断ツール 情報流出はなぜ起きる?シミュレーションで学ぶ、被害を抑えるインシデント対応

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013892


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ