コレガ、2つの無線帯域で独立して運用できる無線LAN APを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コレガ、2つの無線帯域で独立して運用できる無線LAN APを発売


掲載日:2006/03/27


News

 株式会社コレガは、IEEE802.11a/g/bに対応した無線LANアクセスポイント「CG-WLAPAGPOE」を、4月上旬より発売する。価格は、2万1000円となっている。

 「CG-WLAPAGPOE」は、IEEE802.11a/g/bを同時にサポートすることで2つの無線帯域で独立した運用が可能で、柔軟なネットワーク設計が可能な無線LANアクセスポイント。11aでLAN間接続、11g/bで通常のアクセスポイントモードで使用するなど、11aと11g/bをそれぞれ独立した設定で同時に運用することができる。高速無線LAN通信“Super A/G”に対応しており、フレームバースティングや無線ネットワークの最適化、リアルタイム圧縮技術の組み合わせで無線LANの通信を高速化している。WPAやWPA2、IEEE802.1xといったセキュリティに対応しているほか、LANケーブル経由による電源供給が可能なPoE(Power over Ethernet)受電機能を搭載している。


出荷日・発売日 2006年4月上旬 発売
価格 21,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 LCXアンテナ無線LANシステム 【東芝テック】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 劣悪な環境でも無線LANが安定、通信エリアを自由にデザインする方法とは? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013874


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ