チェック・ポイント、セキュリティイベント管理製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、セキュリティイベント管理製品の新版を出荷


掲載日:2006/03/24


News

 Check Point Software Technologies Ltd.は、エンドポイントとネットワークセキュリティデバイスのサポートを拡張したセキュリティイベント管理ソリューション「Eventia Analyzer 2.0」を、出荷した。予定販売価格は、5デバイス/ゲートウエイで288万円、100デバイス/ゲートウエイで1600万円などとなっている。

 「Eventia Analyzer 2.0」は、セキュリティデータおよびイベントを自動的に収集し、相関性を分析するための製品。今回、エンドポイント向けのサポートを拡張し、アンチウイルスアプリケーション、パーソナルファイアウオール、OSのデータを対象とした相関性の分析が可能となった。

 同社の全製品に加えサードパーティ製セキュリティソリューションをサポートしているほか、それらのソリューションと統合することができる。また、ネットワーク上の複数のセキュリティデバイスからのデータを分析し、自動的にデータの優先順位付けを行なうことで、セキュリティ運用に関する意思決定を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013866


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ