ウイングアーク、「Dr.Sum EA」の集計機能を向上させる製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、「Dr.Sum EA」の集計機能を向上させる製品出荷


掲載日:2006/03/23


News

 ウイングアークテクノロジーズ株式会社は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(Extended Architecture)」の機能を、集計/レポーティングから比較/分析まで拡張するサーバー/クライアントソフト「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」を、出荷した。価格は、50万円となっている。

 「Dr.Sum EA」は、データベースからユーザーが指定した角度でデータを切り出して動的に多次元データベースを生成できる製品。Excelを操作する延長線上で、ドリルダウンやドリルスルーなどの機能を使用してサーバーで集計されたデータをExcelのシートに表示し、集計/分析することができる。今回出荷された「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」は、Excelクライアントで複数の集計を同時実行でき、さまざまな分析が可能となる。

 「Dr.Sum EA」で集計した複数の結果を、Excelの操作画面で比較しながら自由な角度で集計分析できる環境を提供する。「Dr.Sum EA」エンジンからSOAPを利用したXML形式のデータで集計結果が受け渡しされ、複数のシートへの集計結果の表示が可能となっている。集計結果はシート毎の表示に加え、1シートに複数の集計結果を表示でき、店舗別/部門別/担当者別/製品別など複数の角度から集計することができる。

 操作面では、Excel操作画面に常時“項目・条件ウインドウ”を表示させることで直感的に操作でき、集計項目の追加/表示や検索条件の設定を直接行なうことができる。運用/管理面では、Webページから新版のインストレーション/バージョンアップが可能なほか、管理者用のWeb画面からリモートでアップデートの状況を確認でき、“設計画面表示”、“集計・検索の実行のみ”、“集計・検索結果の配布のみ”といったアクセス制御も可能となっている。


出荷日・発売日 2006年3月22日 出荷
価格 500,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ検索ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ検索ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データ検索ソフト」関連の製品

データベース検索/更新ツール SkyLink 【イースト】 全文検索・情報活用システム QuickSolution 【住友電工情報システム】 高速全文検索システム REX-File・Finder 【寿精版印刷】 Neuron 【ブレインズテクノロジー】
データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト
ノンプログラミングで使用できる、検索性・操作性に優れたデータベース検索/更新アプリケーション。様々なデータベースに対応。Webブラウザからもデータ検索を行える。 20TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 検索結果をイメージで見ながらファイルを探せる高速全文検索システム。ファイルサーバ、NAS、文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとしても使用可能。 先端OSS技術(Apache Solr)を活用することで、コストメリットを高めつつ、セキュリティ/管理機能を補完することで、“企業向けに特化”した検索エンジン。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013841


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ