ISS、UTMアプライアンスにプログラムビヘイビア解析技術を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISS、UTMアプライアンスにプログラムビヘイビア解析技術を搭載


掲載日:2006/03/20


News

 インターネットセキュリティシステムズ株式会社は、統合セキュリティアプライアンス「Proventia M」で、プログラム自体の振る舞いを判断し有害なプログラムを検出するプログラムビヘイビア解析技術“VPS”(Virus Prevention System)の搭載を、発表した。

 「Proventia M」は、IPS(不正侵入防御)機能に加え、ファイアウオール、VPN、アンチウイルス、コンテンツフィルタリング、アンチスパムなどを搭載した統合セキュリティアプライアンス。プログラムビヘイビア解析技術は、OS内に構成した安全な仮想環境内で危険と思われるプログラムを実行して、挙動に悪意が無いか、ワームのような伝播活動を行なわないかなど、動作や挙動を解析/検知する。“VPS”では、ウイルスやワームなどが感染/破壊活動に利用する“感染トリック”を800種類弱(3月17日現在)搭載しており、アップデート無しにさまざまなウイルスやワーム、マルウエアに対応することができる。IPS/Webフィルタリング機能との併用で、スパイウエア防御機能として利用することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「インターネットセキュリティシステムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「インターネットセキュリティシステムズ」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る 【トレンドマイクロ】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013828


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ