ハンモック、Winnyによる情報流出を防ぐソリューションを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンモック、Winnyによる情報流出を防ぐソリューションを発表


掲載日:2006/03/17


News

 株式会社ハンモックは、ファイル共有ソフトWinnyによる情報流出を防止する「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を、発表した。参考価格は、50〜99クライアントの場合で5850円からとなっている。

 「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」では、同社が開発したPCライフサイクル管理ツール「Asset View HYPER」シリーズをベースに、クライアントPCにおけるWinnyの有無を確認し削除することができる。「Asset View HYPER A」の“インストールソフトの検出”機能でWinnyを容易に検出できるほか、スタンパー機能でWinnyユーザー対して警告メッセージを送信することができる。

 「Asset View HYPER M with Search」の“PC操作履歴機能”や“アプリケーション稼動監視機能”で、どのPCのどの場所でWinnyが稼働しているか監視することができる。「Asset View HYPER O」でWinnyが稼働するPCをリモートコントロールしてWinnyを強制終了でき、「Asset View HYPER D」で削除用バッチファイルを作成してWinnyを削除することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 参考価格/50〜99クライアントの場合:5,850円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013811


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ