SAPジャパン、サービス系業務向け設定自動化ツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、サービス系業務向け設定自動化ツールを提供


掲載日:2006/03/14


News

 SAPジャパン株式会社は、SAP製品の導入を自動化する設定自動化ツール「SAP Best Practices」に、コンサルティングやシステムインテグレータ、会計/法律事務所、メンテナンスサービスなどのサービス系業務に特化したパッケージ「SAP Best Practices for Professional Services」を追加し、提供を開始した。

 「SAP Best Practices for Professional Services」は、サービス系業務特有の業務シナリオや機能モジュールを予め定義して提供するツール。固定価格契約/出来高請求のあるプロジェクトの受注や、出来高ベース/サービス購買を含むプロジェクトの受注を管理することができる。リソース管理/プロジェクト会計が可能なほか、法律/会計監査法人向けプロジェクト/契約管理や、訪問修理/引き取り修理サービス管理、プロジェクト型物品販売管理、外販ソフトウエアの社内開発プロジェクト管理が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 MOS スマートフォン・タブレット受発注システム 【アクロスソリューションズ】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】 FutureStage 卸売業向け販売管理システム 【日立システムズ】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 単にECサイトをB2Bにするのではなく、店舗、倉庫、営業先など、発注者の使うさまざまな環境を配慮して作られた、モバイル視点の業務用Web受発注システムパッケージ。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。 販売管理・購買管理・物流在庫管理がシームレスに連携した卸売業向け基幹業務統合ソリューション。日本独自の商習慣に対応し、国内外取引を一元管理できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013769


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ