フレクシェ、生産スケジューラーの新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フレクシェ、生産スケジューラーの新版などを発売


掲載日:2006/03/10


News

 株式会社フレクシェは、柔軟性に優れた生産スケジューラーの新バージョン「FLEXSCHE GP 6.0」と、生産スケジューラーの情報としくみをリアルタイムで共有するためのサーバー製品「FLEXSCHE Communicator」を、4月より発売する。

 「FLEXSCHE GP」は、柔軟性と操作性に優れた生産スケジューラー。ダイアログ画面上からスケジューリングルールを定義でき、ルールを予め複数用意しておくことで、さまざまな条件で立案した計画を比較検討することができる。今回の新バージョンでは、処理速度などを向上したほか、各工程で生成された作業に対して、等分での分割指定や均等分割の指定が可能で、作業分割された作業が隣接している場合にはその作業を結合することができる。

 「FLEXSCHE Communicator」は、ネットワーク環境で「FLEXSCHE GP」やさまざまなクライアントプログラムの仲介を行なうサーバー製品。「FLEXSCHE GP」への問い合わせ/処理依頼/データ投入など外部からの要求メッセージをリアルタイムで仲介することができる。納期回答/作業実績収集/作業指示/在庫情報管理などさまざまなアプリケーションが付属している。複数の「FLEXSCHE GP」が相互に矛盾無くスケジューリングできるように調整するための機能や、スケジューリングエンジンを使用し自動スケジューリングする機能なども備えている。

 ダイナミックなデータ交換に依拠するスケジューリングシステムを構築するためのプラットフォームとしても利用することができる。同製品上でのアプリケーションは、基本的には.NET対応言語によるプログラミングとXML設定ファイルのコンフィギュレーションによって行ない、部分的にはCOMベースでのプログラミングも可能となっている。付属のアプリケーションプログラムの多くはソースコードが付属し、それらを部分的に改造して利用することができる。なお、ユーザーインターフェースを機能拡張する「FLEXSCHE GUI Extension」と、柔軟な対応のための拡張機能群「FLEXSCHE GP 上級オプション」、製品パック「FLEXSCHE GP Standard Pack」も、4月より発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013744


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ