マーキュリー、“Cell BE”プロセッサの開発評価システムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マーキュリー、“Cell BE”プロセッサの開発評価システムを出荷


掲載日:2006/03/09


News

 日本マーキュリーコンピュータシステムズ株式会社は、“Cell BE”プロセッサの開発評価システム「Cell Technology Evaluation System」(CTES)のアーリーアクセスシステムを、3月10日より順次出荷する。

 「CTES」は、“Cell BE”プロセッサの統合された開発評価環境。“Cell BE”のアプリケーション開発を容易にするためのソフトウエアツールやライブラリが含まれ、並列処理を意識せずにシステムアプリケーションを構築することができる。個々のライブラリがプロセッサのアーキテクチャ毎に最適化された科学計算ライブラリ「SAL」(Scientific Algorithm Library)や、複数の“Cell BE”プロセッサ間の処理の負荷と相対的タイミングを監視するデバッギングツール「TATL」(Trace Analysis Toolkit)などが含まれている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013732


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ