提携:日本HP、検疫とウイルス対策の連携ソリューションを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本HP、検疫とウイルス対策の連携ソリューションを発表


掲載日:2006/03/09


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、クライアントPC認証/検疫ソリューション「HP Quarantine System ver. 2.0」と、株式会社シマンテックのウイルス対策ソフトウエア「Symantec AntiVirus Corporate Edition」(SAVCE)、「Symantec Client Security」(SCS)の連携ソリューションの受注を、開始した。

 「HP Quarantine System」は、HP ProLiantサーバー上で稼働するクライアントPC向けの認証/検疫ソリューション。全体の認証/検疫情報を管理する「Qu Manager」やセグメントごとに認証/検疫を実行する「Qu Controller」など複数のサーバーシステムから構成されている。クライアント用エージェント「Qu Agent」をインストールしたクライアントがネットワークに接続されると、自動的に認証/検疫/隔離/治療/復帰/再接続を実施し、設定されたポリシーに合致するクライアントのみに通信を許可することができる。

 今回の連携ソリューションでは、「SAVCE」/「SCS」の管理サーバーに設定されたウイルス対策ポリシーを「Qu Manager」が引き継ぎ、クライアントに対する「Qu Agent」を通じた通常の認証/検疫に加え、「SAVCE」/「SCS」の管理ポリシーを反映することができる。クライアントにインストールされる「Qu Agent」と「SAVCE」/「SCS」のエージェントがAPIによる連携を行ない、「HP Quarantine System」の検疫項目の中に各クライアントにおける「SAVCE」/「SCS」の最終スキャン日時やパーソナルファイアウォールの設定などの状態チェックを含めることができる。管理者は「SAVCE」/「SCS」の状態チェックを「HP Quarantine System」を介して実施でき、クライアント検疫/保護のポリシー管理をワンストップで行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

70万以上のAPIにも対応、多言語混在環境に最適なソースコード脆弱性診断ツール 【SCSK】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】 マネージドセキュリティサービスの選び方――脅威を早期発見するための4条件 【TIS】 10秒で検疫完了、マルチOS対応で非常駐型の国産検疫アプライアンス 【エイチ・シー・ネットワークス】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
70万以上のAPIにも対応、多言語混在環境に最適なソースコード脆弱性診断ツール サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 マネージドセキュリティサービスの選び方――脅威を早期発見するための4条件 10秒で検疫完了、マルチOS対応で非常駐型の国産検疫アプライアンス

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013730


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ