アライドテレシス、検疫認証ソフトウエアの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、検疫認証ソフトウエアの新版を発売


掲載日:2006/03/08


News

 アライドテレシス株式会社は、IEEE 802.1x認証を用いた検疫認証ネットワークマネジメントソフトウエア「CentreNET SwimRadius」のバージョンアップ版「ver.1.1」を発売し、同社Webサイトからのダウンロードを開始した。

 「SwimRadius」は、IEEE 802.1xのDynamicVLANに対応した検疫認証ネットワークマネジメントソフトウエア。802.1x環境に特化したRADIUSサーバーとして機能する。利用者認証はユーザーID/パスワードに加え、ポリシー設定によりRADIUSクライアント(NAS)のIPアドレスやPCのMACアドレスを組み合わせることができる。検疫認証では、接続先PCのウイルス対策プログラムの有無、ウイルス定義更新状況、ファイアウオールのインストール状況に基づいた認証が行なわれ、認証結果に応じDynamicVLAN機能でVLANが動的に割り当てられる。製品パックに同梱された「SwimLogReporter」によるSyslogでのアカウンティングやログイン情報の解析、「SwimAdminCentral」によるコンフィギュレーション情報の設定や機器からのVLAN情報の管理が可能となっている。

 今回のバージョンアップ版では、802.1xの認証プロトコルにEAP-TLSとEAP-PEAPを追加したほか、プライベート認証局による証明書発行機能、Windows自動アップデート有効/無効チェック、ウイルス定義ファイルのバージョンチェック機能が追加された。また対応機種として「CentreCOM 9924SP」、「CentreCOM 9408LC/SP」、「CentreCOM WR540AP」が追加された。なお価格は、製品パック「CentreNET SwimSuite S パック」が30万円、追加ライセンス(100デバイス)が20万円、CD-Rメディアキットが5000円となっている。


出荷日・発売日 2006年3月6日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013705


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ