ファイブ・フロント、トラフィック監視/分析アプライアンス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイブ・フロント、トラフィック監視/分析アプライアンス発売


掲載日:2006/02/28


News

 ファイブ・フロント株式会社は、Genie Network ResourceManagement Inc.が提供するNetFlow/sFlowネットワークトラフィック分析アプライアンス「GenieATM 6000」シリーズを、発売した。

 「GenieATM 6000」シリーズは、ネットワークの各種状態を計測するためのフロー情報“NetFlow/sFlow”をベースとしたテクノロジーを用い、ネットワーク全体にわたって24時間トラフィックを監視/分析するコレクター/アナライザ装置。異常検出、問題の特定、アラーム機能を組み合わせ、ネットワークの動作を可視化することができる。

 大規模環境に対応するため、コントローラとコレクターによる分散処理が適用されており、コレクターは拠点毎に配置され、フロー情報の収集と監視/分析処理を行なう。コントローラは、NOCなど集中管理を行なうロケーションに配置され、コレクターの機能に加え、コレクターからの監視/分析情報を収集し、レポート生成やコレクターの設定/制御などの管理機能を提供する。装置の設定/操作/管理は全てWebブラウザの日本語画面上で行なうことができる。

 ネットワークのトラフィックを学習しながら定常状態を自動設定し、異常状態をリアルタイムに検出する“ネットワークモデリング機能”と“異常トラフィック自動検出エンジン”を備え、NetFlow/sFlowのフロー情報やBGPルーティング情報を活用した多角的なネットワークトラフィック分析を行なうことができる。トラフィックの分類/多重化が容易で、ユーザーが設定しなくてもバックボーン/サブネット/顧客ネットワークなど必要なトラフィックに関するサマリ、詳細、比較分析などの汎用的なレポートを自動生成することができる。また、異常検出エンジンにより、ネットワークの定常状態を自動設定し、リアルタイムで異常状態を検出できるため、シグネチャのアップデートやマッチングをせずにネットワークの整合性を保護することができる。


出荷日・発売日 2006年2月27日 発売
価格 −−−

「ファイブ・フロント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「パフォーマンス診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パフォーマンス診断」関連情報をランダムに表示しています。

「パフォーマンス診断」関連の製品

健康診断と同様に仮想化基盤を明快に判定「仮想化健康診断」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
パフォーマンス診断
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013615


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ