KDDI、企業内や企業間の情報を安全に交換するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、企業内や企業間の情報を安全に交換するサービスを提供


掲載日:2006/02/24


News

 KDDI株式会社は、インターネット上で大容量ファイルを安全に受け渡しするために同社が構築したセキュアシェアプラットフォームにより、企業内や企業間の情報を安全に交換するサービス「KDDIセキュアシェア」を、3月1日より提供する。

 「KDDIセキュアシェア」では、機密情報を社外とやりとりする際に、送信者がインターネットを介してKDDIデータセンター内に構築したセキュアシェアプラットフォームのサーバーにアクセスし、そこで特定の相手先を指定の上ファイル交換することで、安全にファイルを交換することができる。ファイルはアップロードの際に自動的に暗号化されるため、送信者はセキュリティに関して特別に意識せずにPCを操作でき、特定した相手先のみ閲覧/ダウンロード/更新が可能となっている。利用者毎に割り当てられたIDとパスワードで認証するため、メールなどによるパスワードの別途連絡は不要となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013585


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ