ドットヒルシステムズ、“RoHS”/“WEEE”対応のストレージ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドットヒルシステムズ、“RoHS”/“WEEE”対応のストレージ出荷


掲載日:2006/02/21


News

 ドットヒルシステムズ株式会社は、“RoHS”と“WEEE”に対応したファイバーチャネルのRAIDストレージ製品「SANnet II FC-Gストレージアレイ」を、2006年第2四半期より出荷する。

 「SANnet II FC-Gストレージアレイ」は、従来製品の「SANnet II Fibre Channel」を新しい環境基準に対応させた製品。電気電子部分に含まれる特定有害物質の使用制限の国際規格である“RoHS”(Restriction of Hazardous Substances)と、エレクトロニクスプロバイダが2006年8月までにリサイクルプログラムを開発しなければならないという廃電子電気機器指令の“WEEE”(Waste for Electrical and Electronic Equipment)に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

「SAN」関連の製品

「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】 Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】
SAN SAN SAN
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013538


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ