富士通、Itanium 2を最大8つ搭載できる基幹IAサーバーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Itanium 2を最大8つ搭載できる基幹IAサーバーを出荷


掲載日:2006/02/20


News

 富士通株式会社は、基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」シリーズに、Itanium 2プロセッサを最大8つ搭載できるミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 420」を追加し、2月末より順次出荷する。最小構成時の価格は、770万円となっている。

 「PRIMEQUEST 420」は、幅482mm×奥行820mm×高さ530mmで19インチラックマウントタイプのサーバー製品。各種サーバーやストレージシステム、ネットワーク機器を同一ラックに収容することができる。メモリーは最大256GB、ハードディスクは最大584GB搭載でき、対応OSはRed Hat Enterprise Linux AS v.4、Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9、Microsoft Windows Server 2003となっている。また、同社のハードウエア2重化同期アーキテクチャー「Dual Sync. System Architecture」を採用している。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成時:7,700,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013529


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ