松下電器、最長で約66時間50分の録音が可能なICレコーダーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


松下電器、最長で約66時間50分の録音が可能なICレコーダーを発売


掲載日:2006/02/20


News

 松下電器産業株式会社は、“TRC”方式で音質と録音時間を向上したICレコーダー「RR-QR180」を、3月15日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「RR-QR180」は、人の声の特長的なデータ部分のみを有効に抽出して音声データを圧縮する“TRC”(Triple Rate CODER)方式を採用したICレコーダー。“SPモード”(長時間)で最長約66時間50分録音することができる。付属の単4形アルカリ乾電池2本で、約20時間の録音と約12時間の再生が可能となっている。メモの代わりに容易に録音できる“メモ録音ポジション”を搭載しており、1つのメモ録音専用フォルダと会議/講義などの4つのフォルダを、目的に合わせて使い分けることができる。


出荷日・発売日 2006年3月15日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013526


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ