日本通信、米国で利用できる無線データ通信サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、米国で利用できる無線データ通信サービスを提供


掲載日:2006/02/14


News

 日本通信株式会社は、海外出張の多い日本の法人ユーザー向けに、米Cellco Partnershipの「ベライゾン・ワイヤレス」のデータ通信網(CDMA2000 1x EV-DO/1x RTT方式)を利用したデータ通信サービス「InfinityCare GLOBAL - USA」を、3月1日より提供する。

 「InfinityCare GLOBAL - USA」は、米国170都市以上で、CDMA2000 1x EV-DO方式によるデータ通信が可能となるサービス。同方式のパケット通信は、理論値で下り最大2.4Mbps/上り最大144kbpsのベストエフォートとなっている。CDMA2000 1x RTT方式との互換性により、米国主要エリアでシームレスなデータ通信を利用することができる。専用のデータ通信カードがレンタルされ、同社の国内向けサービスと同一のアクセスツール「bアクセス」を利用し接続する。また、同社と米国子会社の拠点から電話/Eメールでの24時間サポートが提供される。なお価格は、専用のデータ通信カードのレンタル料を含む月額基本料が1IDで3700円、通信料が1MBで190円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013459


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ