HDE、インターネットシステム集中監視ソフトウエアの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


HDE、インターネットシステム集中監視ソフトウエアの新版を発売


掲載日:2006/02/08


News

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は、容易な操作で複数台のLinux/UNIX/Windowsサーバーを集中管理できるインターネットシステム集中監視ソフトウエアの新バージョン「HDE Center 4」を、2月28日より発売する。

 「HDE Center」は、ネットワーク/OS/アプリケーションなどの管理/監視を行ない、システムダウンを回避するインターネットシステム集中監視ソフトウエア。システムに障害が起こった際には、管理者宛の警告メール送信に加え、指定した任意のスクリプトによる障害の自動復旧も可能となっている。また、SNMPトラップ機能を搭載することで、他社製の統合監視ツールに障害情報を送ることもできる。

 今回の新バージョンでは、ファイルの改ざん検知や不審なログインの自動検知など不正アクセス検知機能が追加されたほか、PostgreSQL/IMAPのサービス監視や、顧客指定のTCPポートの導通監視に対応した。Xeonに搭載された64ビットメモリー拡張機能“EM64T”上での動作も確認され、EM64T対応のRed Hat Linux/SuSE Linux/Turbolinux/Miracle Linuxのサーバー監視が可能となっている。なお価格は、3ノードの基本パックが40万3200円、追加1ノードライセンスが12万7680円(いずれも税込)となっている。また、同社のLinuxサーバー管理ツール「HDE Controller」を「HDE Center 4」のエージェントソフトウエアとして利用することが可能となり、「HDE Controller」ユーザー向けのライセンス体系が用意されている。


出荷日・発売日 2006年2月28日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 アクセス権作業を自動化!ファイルサーバ統合管理「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ジョブ管理ツール「LoadStar Scheduler」 【ヴィンクス】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 操作マニュアル不要で簡単に操作できるジョブ管理ツール。ソフトバンクが独自開発し、社内利用を行いながら検証を繰り返し最適化。商用ジョブ管理ツールからの移行が容易。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013409


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ