事例:徳島大学病院が「FileMaker Pro」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:徳島大学病院が「FileMaker Pro」を導入


掲載日:2006/02/06


News

 ファイルメーカー株式会社は、徳島大学の医学部附属病院と歯学部附属病院が2003年に統合した徳島大学病院がデータベースソフトウエア「FileMaker Pro」を導入したと、発表した。

 徳島大学病院は、特定機能病院としての認定を受け、通常診療に加え先端医療も行なっている。1997年に“治験”(新薬開発の1段階として実際に患者が使用し、その病気への効果を検証する)の枠組みが改正された。このため従来、製薬会社の依頼を医師個人が受けていた“治験”を、改正以降は病院が製薬会社の依頼を受けて行なうことになり、治験計画が倫理的/科学的に妥当なものであるかを審査する治験審査委員会や、医師を支援して治験を円滑に実施していく臨床試験管理センターが同院内に設置された。

 「FileMaker Pro」は、複数のレイアウトを容易に切り替えることができ、データを活用してさまざまな書類の出力が可能なほか、治験薬の在庫数や使用数などの自動的な計算/集計ができ、手計算無しの厳正な管理が可能なことから、委員会での資料作成とセンターでの治験実施状況の調査に利用された。最初に、“治験”に使用する薬の情報を管理する“治験薬管理DB”と被験者情報を管理する“同意書DB”というデータベースが作成され、臨床試験業務の拡大に応じて“市販後臨床試験DB”や“医師主導臨床試験DB”、“機能性食品の臨床試験DB”などデータベースの種類が増加していき、スタッフや被験者も増加し、検査や調剤、会計などの効率化が求められた。

 そのため、各部門でその日の治験内容/検査/調剤の情報を共有するために、被験者の“来院予定管理DB”が作成された。被験者の来院日/検査/調剤の予定を入力することで、カレンダーでその日の被験者名や検査の有無、治験薬調剤を表示することができる。現在は、業務の拡大に対応することでデータベースの種類も使用者も増加し同センター全体の業務に欠かせないものとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 特設サイト:SQL Server 2005延長サーポート 【日本マイクロソフト】 1000億件の観測データを処理、宇宙ミッションに採用されたDBは? 【インターシステムズジャパン】 新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? 【日本オラクル】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 手間をかけない!損をしない!SQL Serverアップグレードのススメ 膨大な宇宙の観測データを処理したシステム仕様と検証結果を公開 DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか? 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013374


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ