CSC、SOX法対応機能強化の「IT運用サービス(+COBIT)」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSC、SOX法対応機能強化の「IT運用サービス(+COBIT)」を提供


掲載日:2006/02/06


News

 クリエイティブソリューション株式会社(CSC)は、従来提供していたITIL準拠の「IT運用サービス」に日本版SOX法対応機能を強化した「IT運用サービス(+COBIT)」を、2月より提供する。

 同社は従来より、IT運用サービスを標準化してパッケージ化した“標準デザインテンプレート”をもとにITIL準拠の「IT運用サービス」を提供している。今回提供される「IT運用サービス(+COBIT)」は、米国の情報システムコントロール協会ISACAが提唱するITガバナンスの成熟度を測るフレームワーク“COBIT”によるIT内部統制機能を追加したサービスで、“COBIT”の管理プロセスのうち“サービス提供とサポート”/“モニタリング”部分を取り込み、機能を向上させている。同サービスにより、ユーザーのITガバナンスの運営が短期間で提供され、日本版SOX法への対応が容易となる。なお価格は、毎月300件のインシデントを処理する標準「サービスデスク」機能のサービス提供で、月額500万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013370


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ