NEC、「Linux拡張サポートサービス」などをRHEL v.4に拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、「Linux拡張サポートサービス」などをRHEL v.4に拡大


掲載日:2006/02/01


News

 日本電気株式会社は、IAサーバー「Express5800」シリーズにLinuxやサポートサービスをセットで提供する「Linuxサービスセット」で、「24時間対応サービス」やダンプからの障害調査を実施する「Linux拡張サポートサービス」をRed Hat Enterprise Linux v.4に拡大し、出荷した。

 「Linuxサービスセット」では、「Express5800」シリーズとLinux OS、運用時の問い合わせなどが可能なLinuxサポートサービス、運用管理ツール「ESMPRO」をセット化して提供している。今回、Linuxサポートサービスで、問い合わせや障害時の受付を24時間可能とする「時間延長サービス」と、「Linux拡張サポートサービス」の対応OSが、Red Hat Enterprise Linux v.4へ拡大された。「Linux拡張サポートサービス」では、ダンプから障害を調査し、調査結果と可能な回避策/対応策が提示される。また、予防保守のために、ディストリビュータ発信情報に加え、定期的に更新/修正情報が提供される。


出荷日・発売日 2006年1月31日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013323


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ