恒陽社、InDesignのグループ編集制作ワークフローソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


恒陽社、InDesignのグループ編集制作ワークフローソフトを出荷


掲載日:2006/02/01


News

 株式会社恒陽社は、アドビシステムズのInDesign/InCopyを利用した、オランダWoodWing Softwareのグループ編集制作ワークフローソフトウエア「Smart Connection Enterprise 4」と「Smart Connection Pro 4」を、2月6日より出荷する。

 「Smart Connection 4」シリーズは、ファイル共有やWebサーバーを使用した、InDesign用のグループ編集制作ワークフローソリューションシステム。InDesign/InCopyのファイルをシームレスに送受信でき、社内外の複数の制作スタッフによる協同でのドキュメント制作が可能となる。「Smart Connection Enterprise 4」は、WAN環境でのワークフロー構築が可能で、Web上で進捗管理を行なうソフトウエア。データベースとWebサーバーを利用し、InDesign/InCopyファイルの送受信を行なう。Web上でユーザーのアクセス権設定/ワークフロー設定などの各種設定や、ドキュメント/画像の検索を行なうことができ、ドキュメントのレイアウトプレビューや誌面レイアウト上でのステータス管理機能などを備えている。

 「Smart Connection Pro 4」は、社内のLAN環境でファイルサーバーを利用したワークフロー構築が可能なソリューション。一般的なファイルサーバーをデータベースのように利用し、ファイル共有してInDesign/InCopyファイルの送受信を行なう。30人程度のユーザーを上限とする同一社内のワークグループ向けの制作ワークフロー構築に適しており、出版や制作の現場に則した運用ルールや用語を使用して、各ユーザーの環境に合わせた出版物構成を設定でき、設定されたワークフローをInDesign上の管理パレットで進捗管理することができる。


出荷日・発売日 2006年2月6日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「恒陽社」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 ジョブカンワークフロー_導入事例紹介 【Donuts】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 クラウド型作業報告システム SmartAttack 【ソフトバンク コマース&サービス】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
直観的な操作で申請・承認状況を可視化、ワークフロー製品で業務はどう変わる? 低コストなワークフロー製品で申請・承認や経費精算はどこまで楽になる? スマートフォン/タブレット(iOS、Android)などを用いて、即座の現場報告&報告書自動作成を実現できるクラウドサービス。報告業務の効率化・標準化・高度化を実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013321


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ