日立情報、RFIDを利用した記憶媒体管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立情報、RFIDを利用した記憶媒体管理システムを発売


掲載日:2006/01/30


News

 株式会社日立情報システムズは、株式会社日立製作所が開発した小型無線ICタグ“ミューチップ”を利用したRFIDパッケージ「Chipin」シリーズに、記憶媒体管理システム「Chipin/Media」を追加し、4月より発売する。

 「Chipin/Media」は、さまざまな記憶媒体に無線ICタグを貼り付けることで、効率的で正確な記憶媒体の管理が可能なRFIDパッケージ。一度に複数の無線ICタグを迅速に読み取る“同時複数読取機能”を備え、確認作業をまとめて迅速に処理できるほか、プラスチックケースやダンボール箱から出さずに確認を行なうこともできる。小型棚卸端末(リーダー)により、ラックや引き出しに収納された記憶媒体をそのまま棚卸しでき、ラックなど収納場所にロケーションタグを貼り付けておくことで、保管場所の確認も同時に行なうことができる。

 出庫回数を記録しているため、物理的な記憶媒体の劣化を予測し交換時期などを判断することができ、物理的な記憶媒体を交換しても管理情報や履歴を引き継ぐことができる。また、備品管理システム「Chipin/Fixture」や顔写真入り認証カード発行システム「Chipin/Pass」などとタグ情報の一部をデータ連携することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立情報システムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013293


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ