ウェブセンス、月の3日目に発動するワーム感染が進行中と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェブセンス、月の3日目に発動するワーム感染が進行中と発表


掲載日:2006/01/26


News

 米ウェブセンスのセキュリティ情報分析機関“Websense Security Labs”は、「Blackworm」(別名Nyxem.e、blackmal.e、Kama Sutra)の感染が急速に広がりつつあるという複数の報告を受けたと、発表した。

 「Blackworm」は、月の3日目(最初の発動日は2月3日)に破壊活動を開始するように設定されており、マシン上にある11種類のファイル拡張子のうち、1種類の拡張子を含むファイルを削除する。削除の対象となるファイル拡張子には、.doc/.xls/.pptが含まれている。同ワームはメールの添付ファイル(拡張子.PIF)を通じて拡散し、感染後は共有されているネットワークを通じても拡散する。また、同ワームにはカウンタも含まれており、このカウンタは感染したという情報をWebサーバーに送信する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】 攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは? 【富士通】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは 「発見」重視の対策はもはや限界。攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは? 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013266


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ