富士通、企業向けPCに本体容量約6.7リットルのモデルなどを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けPCに本体容量約6.7リットルのモデルなどを追加


掲載日:2006/01/25


News

 富士通株式会社は、企業向けデスクトップPC「FMV-ESPRIMO」シリーズに、容量約6.7リットルの本体を採用したウルトラスモール型「FMV-B5210」を追加し、スリムタワー型「FMV-E5210」とコンパクト型「FMV-D5215」をあわせた3シリーズ8機種を、発売した。

 「FMV-B5210」は、モバイルPC用CPUのPentium Mプロセッサ740/Celeron Mプロセッサ360Jを採用し、縦28.0cm×横28.4cmとコンパクトなデスクトップPC。通常消費電力を約38Wまで抑えているほか、待機時の静音性は26.6dBとなっている。スリムタワー型「FMV-E5210」は、Pentium 4プロセッサ672(3.80GHz)/662(3.60GHz)を搭載している。ハードウエアRAID1(ミラーリング)機能搭載の「IDE-RAIDモデル」が用意されており、80GBのハードディスクを本体に2基搭載し、データを完全に2重化することで故障時のデータ損失を防止することができる。コンパクト型「FMV-D5215」は945GZ Expressチップセットを採用している。

 本体のUSBポートや記録型光学ドライブなどの接続を無効とし、データの不正な持ち出しを制限する「Portshutter V1 rel.3」や、PC廃棄や譲渡の際にハードディスク上に記録しているデータの流出を防止する「ハードディスクデータ消去ツール」を全機種に標準添付している。カスタムメイドで、1台のハードディスク上で定期的な自動バックアップと瞬時の復旧を可能にする、株式会社ネットジャパンのバックアップツール「StandbyDisk Solo 2.1」を選択することができる。


出荷日・発売日 2006年1月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013249


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ