クリアスウィフト、メールコンテンツセキュリティの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クリアスウィフト、メールコンテンツセキュリティの新版を発売


掲載日:2006/01/24


News

 クリアスウィフト株式会社は、企業向けメールコンテンツセキュリティツールの新バージョン「MIMEsweeper for SMTP 5.2」を、発売した。価格は、50ユーザーで55万円からとなっている。

 「MIMEsweeper for SMTP 5.2」は、情報漏えい対策からスパム、ウイルス/ワームまでさまざまなコンテンツセキュリティを、統一されたポリシーで一体的に管理できるメールコンテンツセキュリティソリューション。今回の新バージョンでは、単一の配備で同時に最大8台のポリシーサーバーを使用することができる。

 ポリシーや、管理とPMM(検疫されたスパムの個人管理ツール)のためのユーザー名とパスワード、ノード/メッセージ情報などが格納された“操作データベース”と、“PCSサーバー”(ポリシー設定と管理のためのサーバー)とを物理的に切り離すことができ、操作データベースの外部設置が可能となっている。また、PCS停止時にPCSの役割を「MIMEsweeper」配備内の別のサーバーに緊急に割り当てる機能や、メールを受信する際に存在しないアドレスがあれば受信拒否を行なう機能が追加された。また、PMMへのアクセスにWindows統合認証をサポートしているほか、メッセージの処理履歴のトラッキングが可能となっている。


出荷日・発売日 2006年1月23日 発売
価格 50ユーザー:550,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 OSSに潜む訴訟リスク――弁護士に聞く、ライセンス違反&脆弱性対策 【アシスト】 半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは? 【トレンドマイクロ】 セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 【タレスジャパン】 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 OSSに潜む訴訟リスク――弁護士に聞く、ライセンス違反&脆弱性対策 半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは? セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013227


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ