NJC、食品製造/卸業向けERPパッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NJC、食品製造/卸業向けERPパッケージを発売


掲載日:2006/01/19


News

 日本事務器株式会社(NJC)は、同社のERPパッケージ「CORE Plus」シリーズに.NETフレームワークを採用し、食品製造/卸業向けの経営管理や業務機能に特化した機能を搭載した新バージョン「CORE Plus qbic Food」を、4月より順次発売する。

 「CORE Plus qbic Food」は、食品業の製販一体が可能な“生産管理・販売管理情報連携”を備えたERPパッケージ。“採算可視化管理”で、将来発生するリベートや運送費を受注時点で商品毎/得意先毎に算出することができる。生産/販売を横断する“統合トレーサビリティ管理”や、ユーザー毎のニーズに対応する出荷時の“賞味期限管理”を備えている。業務の進捗状況を一望できる“ビジネス・ステータス管理”や、全社のキャッシュフローや資金繰りを支援する“債権・債務統合管理”も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由 【富士通マーケティング】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013184


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ