NJC、食品製造/卸業向けERPパッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NJC、食品製造/卸業向けERPパッケージを発売


掲載日:2006/01/19


News

 日本事務器株式会社(NJC)は、同社のERPパッケージ「CORE Plus」シリーズに.NETフレームワークを採用し、食品製造/卸業向けの経営管理や業務機能に特化した機能を搭載した新バージョン「CORE Plus qbic Food」を、4月より順次発売する。

 「CORE Plus qbic Food」は、食品業の製販一体が可能な“生産管理・販売管理情報連携”を備えたERPパッケージ。“採算可視化管理”で、将来発生するリベートや運送費を受注時点で商品毎/得意先毎に算出することができる。生産/販売を横断する“統合トレーサビリティ管理”や、ユーザー毎のニーズに対応する出荷時の“賞味期限管理”を備えている。業務の進捗状況を一望できる“ビジネス・ステータス管理”や、全社のキャッシュフローや資金繰りを支援する“債権・債務統合管理”も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Excel利用でありがちな製造業での情報システム連携の課題 【インフォアジャパン】 インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
製造業なら当たり前 備えておくべき情報プラットフォームの条件 マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】 品質低下、ストライキ、不正……海外拠点の問題を解決する仕組み作りのススメ

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013184


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ