富士通、PRIMEPOWERミッドレンジ/エントリーサーバーを性能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、PRIMEPOWERミッドレンジ/エントリーサーバーを性能強化


掲載日:2006/01/17


News

 富士通株式会社は、ミッドレンジサーバー「PRIMEPOWER 650/850」とエントリーサーバー「PRIMEPOWER 250(ラックマウント2U/4U)/450(ラックマウント4U)」の性能を強化し、発売する。

 今回発売するミッドレンジサーバーには2.16GHzのSPARC64 Vプロセッサを搭載し、エントリーサーバーには1.98GHzの同プロセッサを搭載している。「PRIMEPOWER」シリーズは、故障の早期発見や迅速な故障箇所の特定、原因解析を行なうために、本体内のチェッカーと独立したプロセッサによるシステム監視機構が本体内を常時監視している。システム内の主要コンポーネントは冗長化しており、活性交換/増設が可能となっている。また、高信頼基盤ソフトウエア「PRIMECLUSTER」との組み合わせで、サーバーやストレージ、ネットワークなどシステム全体の冗長化が可能となる。

 同シリーズのOSに「Solaris 10」を選択することで、ミッドレンジ/エントリーサーバーでのパーティーション運用が可能となる。同OSは、1台のサーバー上に仮想的に複数のSolaris環境を作成するソフトウエアパーティーショニング技術“Solarisコンテナ”を備えている。仮想Solaris環境間は完全に隔離されているため、複数の業務が互いに干渉しないようなシステム環境を構築することができる。CPUなどのハードウエアリソースは各仮想Solaris環境に配分でき、負荷変動に応じて柔軟に配分比を変更することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013144


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ