バックボーン、「NetVault」共有仮想テープライブラリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バックボーン、「NetVault」共有仮想テープライブラリを発売


掲載日:2006/01/13


News

 バックボーン・ソフトウエア株式会社は、バックアップ/リストアソフトウエア「NetVault」を搭載した複数のマシン間で、仮想テープライブラリの共有を可能にした「SVTL」を、発売した。

 「SVTL」は、従来の仮想テープライブラリ(VTL)と同じ機能を提供するほか、複数の「NetVault」マシンから1つの仮想テープライブラリを共有できる共有仮想テープライブラリ。SCSIやファイバーチャネル、同社認定のiSCSIインターフェースのハードディスク上に作成することができる。

 仮想テープライブラリを作成したマシンを経由せず、各「NetVault Server」または「NetVault Client」から直接「SVTL」にデータの書き込み/読み込みをすることで、特定マシンへのデータ集中やネットワークのボトルネックの問題を解消することができる。また、“Raw Device”での書き込みのためバックアップ/リストアを高速化できるほか、システム障害の際は他の「NetVault」マシンからでもリストアすることができる。なお価格は、「SVTL」とVTLを併せ250GBの仮想テープライブラリを作成する場合で、5万4000円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013122


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ