マイクロソフト、Windows Server用障害解析サポートツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、Windows Server用障害解析サポートツールを提供


掲載日:2006/01/13


News

 マイクロソフト株式会社は、ミッションクリティカルシステムのサポート技術者向けツール「Support Professionals Toolkit for Windows」(旧称Support Tools for Microsoft Operating Systems)の新版であるVersion 8.0(Toolkit Version 8.0)の無償提供を、開始した。

 「Toolkit Version 8.0」は、Windows Server 2003日本語版の大規模システムとミッションクリティカルシステムにおける障害発生時の不具合解析時間を短縮し、サポート効率を向上するためのサポートツール。マイクロソフト、株式会社NTTデータ、株式会社東芝、日本ユニシス株式会社、株式会社日立製作所、富士通株式会社の6社が共同開発した。今回提供されるのは、ユーザーモードで動作するアプリケーションのトラブルシューティングを行なう「User Mode Process Dumper」(userdump)と、デスクトップヒープの残量を確認する「Desktop Heap Monitor」(dheapmon)となっている。

 「userdump」は、x86とItanium、x64版Windowsで動作し、実行中の任意のプロセスにデバッガをアタッチせずに、ホットキー操作や例外監視、プロセス終了監視などさまざまな条件をもとに、そのプロセスのスナップショットダンプを生成し、プロセス終了時の情報を記録することができる。サポート技術者やアプリケーション開発者は、アプリケーションの異常動作時や予期しない終了時、ハングアップ時の解析に必要な情報を稼働中のシステムから容易に取得することができる。

 「dheapmon」は、デスクトップヒープと呼ばれるWindowsの特別なメモリー領域のサイズや、現在の使用量などの情報をレポートするツール。システム管理者は、デスクトップヒープの状況を本番稼働環境で容易に把握することができる。また、デスクトップヒープの使用量を事前に測定し、大規模アプリケーションシステムのチューニングを支援することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

「マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013121


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ