日本アビオニクス、413万画素CCD搭載のプロジェクタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アビオニクス、413万画素CCD搭載のプロジェクタなどを発売


掲載日:2006/01/12


News

 日本アビオニクス株式会社は、「インテリジェントプロジェクタiP」シリーズに、413万画素カラーCCDを搭載した「iP-60」と、教育現場で必要な資料提示と投映に機能を絞った文教専用モデル「iP-25SC」の2機種を追加し、1月11日より順次発売する。価格は、「iP-60」が85万円、「iP-25SC」がオープン価格となっている。

 「iP-60」は、輝度3500ルーメンのプロジェクタ。PCとの連動機能を備えており、同製品とPCをUSB接続することで書画カメラ画像をPCに取り込むことができる。“書き込み機能”として、投映中の実物投映画像やPC画像に書き込みが可能なほか、“ホワイトボード機能”として、PCに接続した液晶ペンタブレットやマウスを使用してプロジェクタの投映画面にリアルタイムで書き込みを行なうことができる。書き込んだ内容もそのままJPEG画像やPDFでデータ保存することができる。

 「iP-25SC」は、211万画素カラーCCDを搭載したプロジェクタ。内蔵した書画カメラによる映像を投影する“実物投映映像”と、SXGAまでの解像度のPCを接続できる“パソコン画面映像”、ビデオデッキやDVDプレーヤーを接続できる“ビデオ映像”の3つの入力ソースをボタン1つで切り替えることができる。

 両製品とも、プレゼンテーション支援機能として、投映画面にレーザーポインタに替わるポインタを表示し、リモコンや本体操作で自由に動かせる“ポインタ機能”や
投映画面を一時遮断できる“画面ミュート機能”を備えている。投映角度による画面の歪みを、本体のアジャスタを調整せずに補正(水平±10度/垂直±15度)できる“キーストン補正機能”も備えているほか、PCやビデオの音声を出力できるスピーカーを内蔵している。また、短焦点レンズ「コンバージョンレンズ25/55」をオプションに追加し、1月11日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「iP-60」:850,000円/「iP-25SC」:オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20013088


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ